Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

アジアの玄関口―福岡

[2010年5月号掲載記事]

福岡市は九州地方の最大都市で、日本で最も活気のある地方都市の一つです。韓国南部の都市・釜山へは海を挟んでわずか200キロ。東京より、韓国や中国のほうが近い都市です。多くの外国人観光客を迎え、街にはハングルや中国語の案内サインがあふれています。2011年春には福岡-鹿児島を約1時間20分で結ぶ九州新幹線が全線開通予定です。

九州には、阿蘇・湯布院・黒川・別府・長崎など有名な観光地があります。福岡はその見どころ豊富な九州地方を旅する起点であり、また交通や商業の中心です。さらに、国際空港や国際フェリー乗り場から市街地まで、公共の交通機関でわずか15分ほどで移動できることも人気のひとつです。

市街地から電車や車で30分も移動すれば、博多湾を見渡すビーチ、シーサイドももちや、緑いっぱいの牧場で動物たちとふれあえる油山市民の森があります。そして1300年という歴史を持つ二日市温泉などの日帰り観光スポットがあり、豊かな自然と便利な都市という両方の楽しさを体験できます。

福岡は別名「博多」とも呼ばれ、昔ながらの伝統文化が今も生きる街です。日本で一番古い禅寺・聖福寺など興味深い神社仏閣がたくさんあります。博多には有名な祭りがあります。特に毎年7月に行われる「博多祇園山笠」は豪華に飾りつけられた1トンの「山笠」をかく(肩にのせて運ぶこと)男たちの祭りが人気です。また、5月のゴールデンウィークには、日本で最も観光客が集まるという800年の歴史を持つ博多どんたく港まつりも開催されます。

市民から「お櫛田さん」と呼ばれ親しまれる櫛田神社には、奉納のために作られた高さ約10メートルの「飾り山」が展示されており、いつでも見ることができます。その境内には、樹齢1000年といわれる県指定天然記念物の巨大なイチョウや、有名な戦国大名、豊臣秀吉の朱印状(貴重な公文書)などを展示する博多歴史館などがあり、昔の博多を感じることができます。

櫛田神社から歩いて5分でキャナルシティ博多へ。ショッピングモールや映画館、劇場などからなる複合施設です。施設の中央には約180メートルの運河が流れ、毎時間行われる噴水ショーは訪れる人を楽しませています。年間来場者は約1200万人で、東京や大阪の有名商業施設につぐ集客数です。ここは買い物だけでなく遊べる施設として人気です。

キャナルシティ博多から歩いて15分ほどで九州一の商業地域・天神へ到着します。天神から中洲川端周辺は、屋台文化のメッカとして知られています。屋台は移動式・組み立て式の簡易飲食店のこと。夕方になると、コンパクトなキッチンとカウンターを備えたスペースができあがり、道路や川沿いにたくさんの屋台が並びます。地元市民だけでなく多くの旅行客が楽しみにしている観光スポットのひとつです。

通常、屋台といえばラーメンやおでんが定番ですが、博多や天神の屋台はてんぷら、お好み焼、イタリアン、沖縄料理、カクテルなどバラエティーに富んでいます。一番人気は博多ラーメンで、細い麺ととんこつのスープが特徴です。このスープは、豚の骨を長時間、強火で炊くことで、たっぷりの脂とうまみが溶けて、とても濃厚です。特に魚の風味やしょうゆ味が苦手な外国人に人気があります。戦後に生まれた屋台は、現在福岡市内に約160軒あります。その数は全国にある屋台の約4割ともいわれています。

「博多っ子(博多で生まれ育った人)」の気質は「新しい物を受けいれ、もてなしを大事にすること」です。屋台でも見知らぬ人同士が会話をかわし、酒をくみかわします。そんな博多の屋台で「一杯」、といえばそれは日本酒ではなく焼酎を意味します。焼酎はさつま芋や麦などから作る風味の強い蒸留酒のことで、九州は焼酎の最大消費エリアです。

焼酎の種類には、芋、そば、麦など代表的な素材だけでなく、ごまや黒糖、とうもろこしなどユニークな素材を使った焼酎もあり、お湯で割る飲み方が一般的です。屋台や居酒屋で気に入った焼酎に出合ったら、酒屋でお土産として購入したり、市内の蔵元を訪ねることもできます。

夜の博多の街と食を楽しんだら、博多エリアを後にして福岡市西部のビーチサイドエリアへ。海浜タワーとして日本一の高さを誇る福岡タワー(234メートル)や福岡ヤフードーム、ショッピング派には見逃せないマリノアシティ福岡があります。「観覧車のある海沿いのアウトレットモール」というキャッチフレーズの通り、ホテルも併設したリゾートのような巨大アウトレット施設です。

マリノアシティ福岡では、世界の有名ブランドのファッションや雑貨を定価の半額近いアウトレット価格で買うことができます。週末には九州各地や、アジアの国々からも買い物客が訪れる人気スポットです。伝統文化・食・ショッピングなど、旅の楽しみの要素がコンパクトにつまった国際都市、それが福岡の魅力です。

福岡観光コンベンションビューロー
写真提供:福岡市

文:吉田暁子


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR