Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

佐賀県――豊富なやきものと遺跡の地

[2013年10月号掲載記事]

201310-4-1

吉野ヶ里歴史公園

 

佐賀県は九州地方の北部に位置しています。北は日本海に面していますが、この海域は玄界灘と呼ばれ、ワカメやアワビなどの養殖が盛んです。南は有明海に面しており、ここでとれるノリは品質、生産量ともに日本一です。古代からアジア大陸との交流が深く、その歴史を物語る場所や技術が残っています。

佐賀は伊万里焼や有田焼など、やきものでよく知られています。一般的に高級品のイメージがありますが、学校給食の器に有田焼を使うところもあるほど佐賀の人にとっては身近な存在です。年間を通じてやきもののお祭りや市が開催されますし、陶芸体験ができるところもたくさんあります。

伊万里市にある「秘窯の里大川内山」は、技術が外部にもれないよう、最高級の伊万里焼をつくっていたところです。関所や職人の家などが再現されています。風鈴のように飾られたやきものが美しい音をかなでる「めおとしの塔」や、鍋島藩窯公園もあります。

毎年4月29日から5月5日に開催される有田陶器市(有田町)は全国からやきものファンが訪れます。約4.5キロにわたって550店が立ち並び、普段使いのものから高級品までさまざまな陶器を買うことができます。有田館ではやきものでつくられた美しいからくり人形が地元に残る伝説を演じます。町内には他にも、やきもののテーマパークや美術館などがあります。

佐賀で一番有名なお祭り「唐津くんち」は全国的にも知られています。唐津神社の秋祭りで、毎年11月2~4日に開催されます。「エンヤ、エンヤ」のかけ声とともに、「曳山」と呼ばれる14台の山車が唐津の町を練り歩きます。唐津市のシンボルである唐津城は、鶴が舞っている姿にも見えることから舞鶴城とも呼ばれています。海に面して建てられているため、虹の松原などの眺めが楽しめます。

201310-4-2

唐津くんち

 

虹の松原は全長約5キロにわたる約100万本の松林です。ここではヨットやウィンドサーフィンを楽しむ人が、また、松原後方にある鏡山には、ハンググライダーやパラグライダーなどスカイスポーツを楽しむ人がよく訪れます。このあたりは玄海国定公園になっています。

公園の見どころの一つ、七ツ釜は「自然がつくり出した芸術品」といわれています。玄界灘の荒波が長い年月をかけてつくりました。一番大きな洞の間口は高さ3メートル、奥行きは110メートルです。呼子港から遊覧船が出ており、洞くつを間近で見ることができます。七ツ釜の上は草原で展望台や遊歩道が整備されています。

神埼市と吉野ヶ里町にまたがる「吉野ヶ里歴史公園」は、歴史ファンでなくても一度は訪れてみたいところです。吉野ヶ里遺跡は紀元前5世紀~紀元3世紀頃の遺跡で、国の特別史跡に指定されています。貴重な文化遺産を保存するため、日本で2番目の国営歴史公園として2001年にオープンしました。84.7ヘクタールの園内には出土品を集めた展示室、主祭殿(政治や宗教的儀式が行われた一番重要な建物)、竪穴式住居、物見櫓、当時の自然風景などが復元されています。

県南の有明海は潮の満ち引きが大きく、その差は6メートルです。ムツゴロウをはじめ、珍しい生物がたくさんいます。有明海を見渡せる展望台へ11月頃に行けば、一面赤のシチメンソウを見ることができます。シチメンソウは塩の濃度が濃いところに生息する植物です。

このあたりでは春から秋にかけて干潟体験ができます。毎年5月下旬または6月上旬には、干潟運動会「鹿島ガタリンピック」が開催されます。干潟の上にしいた板を自転車で渡る「ガタチャリ」など、競技種目がユニークです。ここで行う綱引きは、引けば引くほど競技者がどろんこになりながら沈んでいくので、会場は観客の笑いに包まれます。

201310-4-3

鹿島ガタリンピック

 

鹿島市にある祐徳稲荷神社は日本三大稲荷の一つです。建物すべてが朱塗りで、夏は背景の山の緑とのコントラストがきれいです。特に商売繁盛や交通安全の神様として知られ、毎年たくさんの人が参拝に訪れます。また、すぐそばの東山公園はツツジの名所です。

毎年秋に開催される佐賀インターナショナルバルーンフェスタでは、期間中、世界中から人々がやってきます。これは佐賀平野上空を100機以上の熱気球が上がる国際競技大会。会場となる嘉瀬川河川敷とその周辺ではさまざまなイベントも行われ、何十万人もの人でにぎわいます。

201310-4-4

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

 

佐賀を代表するお菓子はようかん(小豆を煮て、寒天やくずで固めたもの)で、県内の消費量は日本一です。佐賀牛は高級和牛として全国にファンがいます。また、南北ともに海に面しているので新鮮な海産物が食べられます。有明海沿いの国道207号線は「カキ焼き海道」と呼ばれ、11月からカキ小屋が並びます。海鮮バーベキューがその場で楽しめます。

お祭りやお祝いのときに食べられるのは、500年の伝統を持つ須古寿司。佐賀市のご当地グルメとしてはシシリアンライスがあります。これはごはんの上に甘辛いたれでいためた牛肉と玉ねぎ、そしてトマトなどの野菜を盛りつけてマヨネーズをかけたものです。

井戸を掘っていたら温泉がわきだしたというエピソードがあるほど、佐賀にはたくさんの温泉地があります。なかでも武雄温泉と嬉野温泉は長い歴史があります。嬉野温泉は「日本三大美肌の湯」といわれています。この温泉のお湯を使った「温泉湯どうふ」は、とうふがとろけるようにやわらかく、スープもおいしいので人気です。また、「元祖忍者村 嬉野温泉肥前夢街道」では迫力ある忍者ショーを楽しんだり、手裏剣(武器の一つ)投げなどの体験ができます。

羽田空港(東京)から佐賀空港まで1時間45分。JR東京駅から博多駅まで新幹線で約5時間。そこから佐賀までは特急で40分、唐津までは1時間20分です。スマートフォン用の無料アプリ「SAGAPP!」(日本語)を使うと観光情報や割引クーポンを得ることができます。

一般社団法人 佐賀県観光連盟


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR