Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

茨城県――最先端科学技術と自然と歴史の地

[2013年9月号掲載記事]

201309-4-1

JAXA筑波宇宙センターのロケット広場
© JAXA

 

茨城県は関東地方の北東部にあり、東は太平洋に面しています。内陸は豊かな自然に恵まれ、県中央部には歴史遺産が多い水戸市があります。南部には日本の科学技術をリードする「研究学園都市」つくば市があります。「いばらぎ」と言う人が多いのですが、正しくは「いばらき」です。

県庁所在地の水戸市は、江戸時代(17~19世紀)には徳川御三家(将軍家の一族)の一つである水戸徳川家の城下町として栄えました。水戸藩の第2代藩主、徳川光圀は、テレビの人気時代劇「水戸黄門」として日本人にはよく知られています。茨城では黄門様として親しまれ、駅前など数ヵ所に銅像が見られます。毎年8月上旬には水戸黄門まつりも行われます。

偕楽園は1842年に開かれた歴史ある庭園で、日本三名園の一つです。100品種3,000本の梅が見どころの一つで、春は多くの人でにぎわいます。他にも千波湖を背景に見る花や緑の風景が季節ごとに楽しめます。水戸は国内外の芸術家の活動の場でもあります。小澤征爾が館長を務める水戸芸術館は高さ100メートルの塔がシンボルです。コンサートホール、劇場、現代美術ギャラリーがあり、各分野の芸術にふれることができます。

201309-4-2

偕楽園

 

水戸の西隣りの笠間は笠間焼という陶器で知られています。笠間駅を起点に笠間焼作家のギャラリーやカフェの並ぶ通りを散歩しながら、笠間芸術の森公園へ。ここには陶芸体験のできる工芸の丘や、茨城県陶芸美術館があります。また、春風萬里荘もおすすめです。これは芸術家、北大路魯山人の旧宅を鎌倉から移築したもので、庭園も楽しめます。

茨城のもう一つの顔ともいえるつくば市は、宇宙から農業まで様々な研究機関がある最先端の科学のまちです。見学や体験ができるサイエンスツアーを約50の研究機関が行い、人々の知的好奇心を刺激します。筑波宇宙センターでは、宇宙飛行士の訓練を行う施設や日本初の有人実験施設「きぼう」運用管制室の見学などができます。最先端のロボットに会えるサイエンス・スクエアつくばも人気スポットです。

201309-4-3

JAXA筑波宇宙センター展示館
© JAXA

 

年末年始を除く土、日、祝日と特別運行日には、研究機関を結ぶサイエンスツアーバスが運行しています。発着場所はつくばセンター(つくば駅)バスターミナルで、一日大人500円で乗り降り自由です。見学の後は、筑波山温泉に泊まるのも良いでしょう。形の美しい筑波山にはロープウェイもあり、気軽にハイキングが楽しめます。

つくばの東、土浦は日本で2番目に大きな湖、霞ヶ浦に面しています。江戸時代には城下町として栄え、中城通りには当時の雰囲気が残る街並みが残されています。亀城公園はかつて土浦城だった場所で、江戸時代前期につくられた櫓門も見られます。また、霞ヶ浦では7月下旬~11月下旬に帆引き船が運航します。湖に風を受けて白い帆がいっぱいに張る風景は美しく迫力があります。

太平洋沿いにも、魅力ある町がたくさんあります。Jリーグ、鹿島アントラーズの本拠地である鹿嶋には、スタジアムはもちろんカシマサッカーミュージアムがあり、ファンにはうれしい場所です。そして見逃せないのは、紀元前660年につくられたと伝わる鹿島神宮です。武の神をまつり、江戸時代には武家政権に敬われ、現在はアスリートなども参拝に訪れます。社殿はすべて国の重要文化財です。

鹿嶋の北にある大洗は海水浴場やアウトレットモールなどのあるリゾート地です。アクアワールド茨城県大洗水族館では、約580種類の生物を飼育展示しています。中でもサメの飼育種類は日本一で、50種類以上のサメを見られます。那珂川を渡ると那珂湊漁港です。那珂湊おさかな市場では、新鮮な海の幸を手頃な値段で味わえます。

201309-4-4

ひたちなか海浜鉄道湊線

 

那珂湊駅を通るローカル線のひたちなか海浜鉄道湊線は、昭和(1926~1989年)の車両を今も使う1両だけの列車です。この列車に乗って田園の中を行くのどかな旅が、最近注目を集めています。海岸沿いに造られた国営ひたち海浜公園は190ヘクタールあり、一年を通して季節の花が楽しめます。

県北端の磯原海岸から五浦海岸はドライブに最適です。緑の松林と青い海の風景の中に立つ赤い壁の五浦六角堂は、1905年に芸術家であり哲学者の岡倉天心が設計しました。2011年の東日本大震災の津波で流されましたが、2012年に再建されました。また、北茨城はアンコウの漁でも知られ、鍋料理にしてよく食べられています。旬は11~3月で、美肌効果もあります。

栃木県と福島県の県境にある奥久慈県立自然公園も見どころの多い公園です。竜神川が流れるV字形の美しい渓谷を見たら、竜神ダムの上にかかる歩行者専用の竜神大吊り橋を渡るのもいいでしょう。高さ100メートル、長さ375メートルあり、迫力があります。日本三名瀑の一つ、袋田の滝は、四段に水が流れ落ちる美しい滝です。五浦、袋田、大子は温泉地でもあります。

201309-4-5

竜神大吊り橋

 

茨城のグルメといえば、海産物のほかにもブランド化された食材が知られています。畜産では、やわらかい肉質の常陸牛、ヘルシーで味の濃い鶏、奥久慈しゃも、きめが細かく弾力のあるローズポークがあります。常陸秋そばというそば作りも盛んで、けんちん汁と合わせて食べるけんちんそばは茨城の郷土料理です。おみやげには伝統的な水戸の納豆もおすすめです。

首都圏からのアクセスが便利な茨城は、水戸へは上野からJR常磐線特急で最短で65分。つくばへは秋葉原からつくばエクスプレス快速で約45分。鹿島神宮駅へは、東京駅発着の高速バスで約2時間。JRでは東京から総武線快速で成田乗り換え、成田線で約2時間20分です。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センター
観光いばらき
つくば観光コンベンション協会

文:山崎百合子


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR