Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

秋田県――日本の素朴な原風景に出あえる

[2013年7月号掲載記事]

201307-5-1

秋田県は本州の東北地方に位置し、日本海に面しています。日照時間が他の県と比べて短いため肌が白くきれいな人が多く、秋田のきれいな女性を指す「秋田美人」という言葉があります。湯沢市には9世紀の歌人でとても美しかったといわれている小野小町の伝説が残っています。

飼い主が亡くなった後も駅で帰りを待ち続けた忠犬ハチ公は秋田犬です。東京の渋谷駅前にある銅像が有名ですが、大館市にもハチのモニュメントや看板がたくさんあります。最近では韓国の人気ドラマ「アイリス」シリーズのロケ地としても知られ、ロケ地めぐりのために訪れる観光客が増えています。

秋田は四季の変化が楽しめます。春に訪れたいのは仙北市角館の武家屋敷通りで、通りを彩るしだれ桜はよく観光ポスターなどに使われます。350年前、京都から迎えられたお姫様の嫁入り道具のなかにあった3本の苗木が始まりだったといわれていますが、今では153本が並んでいます。同じ角館市内にある桧木内川沿いにも約2キロにわたる桜並木があります。

201307-5-2

角館武家屋敷の桜/桧内川の桜並木

 

県北から青森県にかけて広がる白神山地は、約8千年前につくりあげられたブナ林です。1993年に世界自然遺産に登録されました。シンボルともいえるのは「400年ブナ」です。通常ブナの寿命は約300年といわれていますが、これはそれよりはるかに長く生きています。

白神山地の他にも、トレッキングできる山や滝がたくさんあります。にかほ市にある獅子ヶ鼻湿原は遊歩道を40分ほど歩いたところにあります。「鳥海マリモ」と呼ばれる大きなこけは見ごたえがあります。また、こけの緑と水しぶきの白があざやかな「元滝状流水」や、奇形ブナのなかでは日本一の太さの木「あがりこ大王」が見られます。

また、北秋田市にある「安の滝」は日本の滝百選に選ばれていますが、この周辺には他にも大小さまざまなたくさんの滝があります。鹿角市にあるかづの森林セラピーロードはウッドチップがしかれているため歩きやすくなっています。癒しの森としても注目を集めています。

201307-5-3

元滝伏流水/安の滝

 

秋田には大きな湖が二つあります。十和田湖は秋田県と青森県にまたがり、新緑や紅葉がきれいなところとして知られています。田沢湖は日本一深い湖(423.4メートル)で、永遠の若さと美を求めて湖の神になったと伝えられているたつこ姫の像がシンボルです。

秋田の夏は短いですが、そのぶんたくさんのお祭りが開催され、盛り上がります。秋田市で毎年8月3~6日に開催される竿燈祭りは東北三大祭りの一つで、毎年100万人以上の観客でにぎわいます。46個のちょうちんをつるした竿燈が「差し手」と呼ばれる人たちによって夜空に浮かびあがります。250本以上の竿燈が一度に立ち上がる様子は迫力があります。

8月上旬に能代市で行われる能代役七夕や19~20日に鹿角市で行われる花輪ばやしも多くの人でにぎわうお祭りです。どちらも笛や太鼓の音にあわせ、美しい屋台や灯籠が立ち並びます。毎年8月第4土曜日に行われるのは全国花火競技大会。全国から一流の花火師たちが日本一の座をかけて技を競います。

201307-5-4

花輪ばやし/全国花火競技大会

 

雪がたくさん降る秋田にはそれを楽しむお祭りや行事があります。横手市では100をこえるかまくら(雪でつくられた小さな家)がつくられます。これは水神をまつる行事で、400年の歴史があります。かまくらの中は暖かく、甘酒やおもちがふるまわれます。他にも小さなたくさんのかまくらの中に灯りがともされ、町を彩ります。

年に一度、山から下りて悪や疫病をはらい、吉事や豊作をもたらすといわれているなまはげも冬の行事として知られています。鬼のお面をつけた神、なまはげは「悪い子はいねが(いないか)、泣く子はいねが」と叫びながら家々を歩き回ります。

秋田には美肌の湯として知られるたくさんの温泉地がありますが、一番の人気は仙北市の乳頭温泉郷です。乳白色の湯が特徴で、「湯めぐり帖」(決められた温泉を割引料金で利用できるカード)を買い、7つの温泉を巡ってそれぞれのお湯を楽しむこともできます。変わった温泉としては、湯沢市の川原毛大湯滝があります。20メートルの高さから温泉が流れ落ち、滝つぼが湯ぶねになります。

秋田の水はきれいなので、特に米や酒がおいしいことはよく知られています。米のブランド、あきたこまちは全国で販売されています。棒に巻き付けたごはんを炭火で焼き、食べやすく切ったきりたんぽ、稲庭うどん、ハタハタとこの魚からつくる調味料しょっつるも名物です。バター餅や、B-1グランプリになった横手やきそばも人気です。

201307-5-5

なまはげ/秋田銀線細工

 

特産物でよく知られているのは秋田杉の木目を活かした曲げわっぱです。桜の木の皮を使った棒細工、0.2ミリほどの細い銀の線を手作業で加工してアクセサリーにする秋田銀線細工も伝統工芸品です。川連漆器は800年の歴史があり、湯沢市川連町には約200の漆器の製造業者の店が並びます。

JR東京駅から秋田駅までは秋田新幹線で約4時間。羽田空港(東京)から秋田空港までは約1時間です。

秋田県観光連盟


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR