Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

香川県高松市――瀬戸内海に面した、歴史とアートとうどんの街

[2012年11月号掲載記事]

201211-4-1

瀬戸大橋

 

香川県は四国地方北東部に位置しています。近年、名物の「讃岐うどん」をアピールした「うどん県」というユニークなPRで注目を集めました。北部は瀬戸内海に面した平野が広がり、南部は讃岐山脈に囲まれ、古くから海上交易の要として栄えた歴史があります。

香川県の県庁所在地である高松市は、1988年に本州と四国を結ぶ瀬戸大橋が開通してから、四国地方の玄関口としての役割がさらに高まりました。来年には第2回目となる瀬戸内国際芸術祭2013が開催されるなど、アートをまちづくりの中心としたプロジェクトが行われています。

旅の始まりに訪れたい場所は栗林公園です。江戸時代、讃岐高松藩の歴代藩主たちによって約100年かけて完成した歴史を持ちます。庭園は南庭と北庭に大きく分かれ、6つの人工池と13の築山を中心に構成されています。国の特別名勝に指定されているだけでなく、海外の雑誌でも紹介されるなど世界的にも評価を得ている美しい庭園です。

201211-4-2

栗林公園

 

香川県は武家のリーダー、平清盛ゆかりの地です。現在NHKの大河ドラマで放映されています。その影響もあって注目されているのが「高松平家物語歴史館」です。平安時代(8~12世紀)、平清盛を中心とした平家の栄光から衰退までを描いた「平家物語」の世界が体感できます。まるで本物のような300体のろう人形が見どころです。

「平家物語」に登場する、源氏と平家の合戦の地として知られる場所が屋島です。合戦に関連した史跡がたくさんあり、訪れる歴史ファンは後を絶ちません。ここはレジャー施設も充実しています。屋島山上には瀬戸内海の美しい風景を一望できる展望台や水族館があります。新屋島水族館は日本でただ一つ、標高290メートルの山の上にある水族館で、300種類の生き物が展示されています。イルカやアシカのショーは子どもに大人気です。

お腹がすいたら讃岐うどんの店へ。こしのある麺、さっぱりとした煮干しだしをベースとしたつゆが讃岐うどんの基本です。香川県にはうどんの店が900店以上あり、人口に対する店の数やうどん生産量が日本一です。

201211-4-3

屋島/讃岐うどん

 

このような背景には、香川県が気候や土壌の面で小麦の栽培に適していたこと、また、古くから塩や醤油の生産も盛んで、だしに使う煮干しの産地でもあったことがあげられます。雑誌で紹介されたり映画になったりして全国に知られるようになりました。うどん目当てに訪れる観光客もたくさんいて、「うどんツアー」もあります。

アートを楽しみたい人にはイサム・ノグチ庭園美術館がおすすめです。20世紀を代表する彫刻家、イサム・ノグチの作品約150点が収蔵されています。晩年を香川県で過ごしたノグチは、自分の作品が未来の芸術家や研究者たちのインスピレーションのルーツとなることを望んでいました。その遺志を具体化した美術館は、ノグチの人生そのものと言えるでしょう。

もう一つ、アートでよく知られているところといえば直島です。高松港からフェリーで約50~60分の場所にあり、自然と町並み、現代アートが融合した注目のスポットです。2013年には瀬戸内海の島々を一つの美術館に見立てた現代アートの祭典、瀬戸内国際芸術祭が再び開催されます。直島はこの芸術祭の中心として、国内外から訪れる人々の心をとらえています。

香川へ行ったら必ず行きたいところは金刀比羅宮です。海の神様をまつる歴史的な名所です。特に有名なのが参道で、本宮、奥社をつなぐ長い石段。合計1,368段と、とても長いことで知られています。重要文化財が収蔵された宝物館や由緒ある社殿(神体をまつっておく建物)が多くあり、年間を通じて観光客がたくさん訪れます。

201211-4-4

金刀比羅宮/旧金比羅大芝居金丸座

 

金刀比羅宮の近くには、現存する日本最古の芝居小屋として知られる旧金毘羅大芝居「金丸座」があります。ここは国の重要文化財に指定されており、歌舞伎役者やファンにとって聖地とも呼べる場所です。毎年4月に開催される四国こんぴら歌舞伎大芝居は、春を告げる伝統行事となっています。

高松市内には、瀬戸内海の風景を眺めながら入浴できる庵治温泉があります。露天風呂、サウナ、水風呂を楽しむことができます。温泉には神経痛、筋肉痛、皮膚病、疲労回復などに効果が期待できます。また、毎朝庵治港に水揚げされる新鮮な海の幸を使った料理を、手頃な価格で味わうことができます。

香川県高松市へは、東京の羽田空港から高松空港までは約1時間15分。空港からJR高松駅までリムジンバスが運行しています。JR東京駅から岡山駅まで東海道新幹線で約3時間15分。岡山駅からJR瀬戸大橋線に乗り換えて高松駅まで約50分。東京駅周辺から出発する高速バスでは約11時間です。

香川県観光協会

文:大森沙織


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR