Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

雲上と峡谷で出あう自然の神秘――立山と黒部(富山県)

[2012年7月号掲載記事]

201207-4-1

黒部峡谷
写真提供:黒部峡谷鉄道株式会社

 

富山県は、本州日本海側のほぼ中央に位置しています。三方を北アルプス立山連峰などの険しい山岳地帯に囲まれ、美しく豊かな自然に恵まれています。黒部峡谷は、立山連峰と後立山連峰の間にある深いV字形の大峡谷です。

山頂と峡谷の落差は1.5~2キロメートルになり、1927年頃までは人が立ち入ることのできない秘境とされていました。現在はトロッコ電車が走っていて、誰でも気軽に黒部峡谷を訪れることができます。トロッコとは、工事現場から土や石を運ぶときに使用する貨車のことです。普通の電車とは違い、屋根はありますが窓がないので、大自然を体いっぱいに感じることができます。片道約20キロメートルの間に、41のトンネルを抜け22の橋を渡る、約1時間20分の冒険です。

201207-4-2

雪の大谷/立山連峰

 

トロッコ電車の旅は、黒部峡谷鉄道本線、宇奈月駅から始まります。周辺には宇奈月温泉街が広がっていて、多くの温泉客でにぎわっています。宇奈月温泉は、透明でなめらかなお湯が特徴で、昔から「美肌の湯」といわれています。1日に3,000トンのお湯がわき出ていて、富山地方鉄道本線、宇奈月温泉駅前では、60度の温泉が噴水のように上がっているのを見ることができます。

宇奈月駅を出発したトロッコ電車は、迫力ある景色のなかを黒薙駅、鐘釣駅、欅平駅の順にとまります。黒薙には峡谷最古といわれる露天風呂、鐘釣には雪崩によって積み重なった雪のかたまり「黒部万年雪」が見られる展望台などがあります。終点の欅平には遊歩道が整備され、黒部峡谷の景観を間近で楽しめます。各駅の周辺には温泉宿もあり、トロッコ電車でしか行けない温泉として人気があります。

201207-4-3

宇奈月温泉駅/宇奈月温泉街

 

欅平駅からゆるやかな上り坂を約50分歩くと、祖母谷温泉に着きます。「ばばだに」という地名は、あるおばあさんが浮気性のおじいさんを探しに山に入ったものの、見つけられずに亡くなり、嫉妬の炎から温泉がわいたと伝えられています。祖母谷の河原では、あちこちで湯がわき上がる様子が見られます。

黒部峡谷とともに富山県を代表する景勝地といえば、何といっても立山黒部アルペンルートでしょう。標高3,000メートル級の山々が連なる立山連峰を貫き、富山県立山町と長野県大町市を結ぶ世界的な観光山岳ルートです。直線距離にすると25キロ足らずですが、注目すべきは約2,000メートルにもおよぶ高低差で、雲の上から幻想的で美しい景色を眺めることができます。

アルペンルートの魅力として見逃せないのが、珍しい乗り物の数々。最大29度もある急な坂を一気に登る立山ケーブルカーや、日本でもここにしかない全線地下を走る黒部ケーブルカー、日本で一番高い場所にあるトンネルを走るトロリーバスなど、アルペンルートならではの乗り物が楽しめます。なかでも「動く展望台」とも呼ばれるロープウェイは、雄大な景色を大パノラマで見渡すことができます。

起点となる立山駅から、アルペンルート最高所である室堂駅までは約1時間。その途中には多くの見どころがあります。標高1,600~2,100メートルにある弥陀ヶ原高原では高山植物を眺めながらの散策が楽しめます。立山連峰の水を集め、称名渓谷から4段となって一気に流れ落ちる称名滝は落差日本一で、国の天然記念物にも指定されています。

201207-4-4

立山ロープウェイ/ケーブルカー

 

アルペンルート最高所にある室堂は、観光や登山の拠点として最もにぎわう場所です。立山三山をはじめとする3,000メートル級の山々の眺望、室堂を代表する美観のひとつ、みくりが池や地獄谷など散策スポットも豊富です。室堂から約2時間の登山で、立山山頂に到達します。頂上の雄山には雄山神社峰本社があり、遠くには富士山を、また、御嶽山や富山湾を眺めることができます。

アルペンルートには四季折々の楽しみがあります。4月、アルペンルートは冬に積もった雪の壁とともに始まります。積雪が多い年は高さ20メートルになり、「雪の大谷」と呼ばれています。夏、高原の高山植物がいっせいに咲き始めます。短い夏が終わると山全体が黄色に染まり、紅葉シーズンが始まります。紅葉が終わる頃、初雪がやってきて立山に再び静けさが戻ってきます。

標高差のある立山では、たくさんの動植物を見ることができます。野鳥の宝庫として知られる美女平では、ウグイスやコマドリ、オオルリなど多くの野鳥が観察できます。ワタスゲ、タテヤマリンドウなどの高山植物は観光客の目を楽しませてくれます。室堂では運がよければ、国の特別天然記念物である雷鳥に出合えるかもしれません。

201207-4-5

雷鳥/称名滝

 

3,000メートル級の立山連峰の間を通り、黒部峡谷を縫うように流れる黒部川は、「清流日本一」に選ばれたこともある、日本を代表する川のひとつです。黒部奥山に降る雪は初夏にようやく溶けるため、真夏でも豊かな水量をもたらしてくれます。この名水を使った特産品には、地ビールや日本酒、カレーなど様々な種類があり、お土産として人気があります。

富山市郊外にある富山空港は、東京・羽田空港から約1時間。空港から富山駅まではバスで25分くらいです。JRの場合は東京駅から上越新幹線で越後湯沢駅まで1時間、越後湯沢駅で在来線の北陸本線に乗り換えて、約1時間50分で魚津駅に着きます。立山黒部アルペンルート、黒部峡谷へは、魚津駅から富山地方鉄道に乗り換え、立山駅、宇奈月温泉駅でそれぞれ下車します。

富山県観光公式サイト
黒部市
黒部峡谷鉄道株式会社

文:濱崎弥生


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR