Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

世界遺産の参詣道を歩く――熊野古道

[2012年5月号掲載記事]

201205-4-1

熊野古道は、和歌山県紀伊山地にある霊場への参詣道です。2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録され、注目を集めました。この地方は日本最古の歴史書「日本書記」の中にも描かれた神聖な場所で、11世紀末頃、白河上皇の熊野訪問がきっかけで知られるようになり、やがて庶民の間にもお参りが広がりました。

世界文化遺産に登録された理由として大きく二つあります。一つは紀伊山地には、熊野三山、高野山、吉野・大峯の三つの大きな霊場と、そこに行くための道が、長い日本の宗教文化の発展に貢献してきたこと。もう一つは大自然の中に、これらの霊場と人々を結ぶその古い道が現在も変わらず保存されてきたことです。

201205-4-2

熊野速玉大社/熊野川の雲海

 

熊野三山は紀伊山地の東南の方角にあり、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の三神社の総称で、日本全国にある約3,000社の熊野神社の総本社です。熊野三山にお参りすると、その人の過去におかした罪がなくなり、これからの幸福の実現や亡くなってから極楽に行くことができるといわれています。

高野山は、平安時代初期の僧、空海が真言密教の中心として開いた場所で、金剛峯寺が総本山です。およそ1200年の歴史を持ち、今も約120の寺院があります。「吉野・大峯」は「近畿の屋根」とたとえられる大峰山脈にある、修業する人にとって大切な場所です。

201205-4-3

高野山

 

熊野古道には主に5つの参詣道--紀伊路、中辺路、大辺路、小辺路、伊勢路--があります。和歌山、三重、奈良の3つの県にまたがる紀伊山地の自然の中にあり、この道を歩くと、はるか昔の平安時代の景色を見出せます。なかには険しい道もありますが、歩きながら美しい風景や歴史的な文化財に出合うことができます。

紀伊路は、大阪から田辺までの道のりで、その中には急な坂で難所の一つ「鹿ヶ瀬峠」があります。鎌倉時代の歌人、藤原定家もその険しさを嘆いたといわれています。途中の湯浅町はしょうゆ発祥の地といわれ、古い街並みは国の重要保存地区に指定されています。また道近くのみなべ町には名産の「南高梅」があり、買い物と合わせて散策する人もいます。

中辺路は、田辺から山中を通る熊野三山までの道。適度なアップダウンが続いて歩きやすいので人気があり、かつての熊野詣の風景が見られます。樹齢数百年の杉木立の中にある石畳の古道「大門坂」を上ると熊野那智大社に到着。近くには日本で一番の落差133メートルの「那智大滝」があります。また、本宮には無料で入浴できる「川湯温泉 仙人風呂」(11月から2月末まで)、日本最古の温泉「湯の峰温泉 つぼ湯」(有料)があり、旅の疲れを癒してくれる人気のスポットです。

201205-4-4

那智大滝/熊野那智大社

 

紀伊路と中辺路を歩くと、小さな神社や石碑がたくさんあります。これらは「九十九王子」と呼ばれ、お参りする人たちの旅の安全祈願や休憩場所とされています。「九十九」は実際の数ではなく、その多さを表しています。

大辺路は、田辺から海岸沿いに熊野三山へ向かう道。富田坂(白浜町)、長井坂(すさみ町)などには「四十八坂」と呼ばれる厳しい道、また串本町周辺には海や田畑を眺めるのんびりした風景の広がる道があります。白浜は、海水浴場、温泉、8頭のパンダがいるテーマパーク、アドベンチャーワールドで知られており、一年中人気の高い観光エリアです。那智大社近くの勝浦漁港はマグロの水揚げ港として有名で、新鮮なマグロが食べられるお店がたくさんあります。

201205-4-5

勝浦漁港のマグロ

 

小辺路は、高野山と熊野本宮を結ぶ道。高野山側から歩くと「熊野道」、熊野本宮側からは「高野道」と呼ばれ、行先で道の名前が違います。紀伊山地の1,000メートル級の山々を越える険しい道が続きます。その道では、苔むした三十三観音石仏があちらこちらで見られます。

伊勢路は、三重県の伊勢神宮と熊野三山を結ぶ道です。法皇、上皇一行が利用した道ではなく、庶民が参拝する道として広く親しまれてきました。当時から人々は、三重の「伊勢神宮」と合わせて参詣したといわれています。

熊野古道を快適に歩くための服装は、動きやすくて脱ぎ着しやすいものを心がけましょう。急な坂道や細くて足元の悪い道もあり、思った以上の運動になるからです。500メートルごとに道標や案内板があるので確認しながら進むことができます。携帯電話不通のエリアもわかります。古道を紹介したサイトで、事前にコースを調べることもおすすめです。

201205-4-6

熊野の山並み

 

熊野古道は、この地の神々にお祈りをする道であり、日本の文化を象徴する世界遺産です。ごみを捨てる人はほとんどいません。落ちていても、次にお参りする人のために、ごみを拾う人もたくさんいます。また、「人類の遺産をみんなで守ります」「いにしえからの祈りの心をたどります」など8ヵ条からなる参詣道ルールもあり、訪れる誰もがこれを守って歩いています。

熊野古道へのアクセスは、羽田空港から飛行機で南紀白浜空港まで約1時間10分、JR東京駅から新幹線と特急を利用して、玄関口であるJR紀伊田辺駅まで約4時間40分です。もう一つの玄関口、JR紀伊勝浦駅までは、JR名古屋駅から特急を利用して約3時間30分。空港や駅から各古道の起点までは、バスやタクシーが利用でき
ます。

紀伊山地の霊場と参詣道

文:ファーストペンギン 関 秀夫


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。

  • David Tanaka

    Nice overview article of this world heritage site. An excellent resource for the Kumano Kodo is the Tanabe City Kumano Tourism Bureau. They have really detailed and useful information, including a community based booking system.

    http://www.tb-kumano.jp/en/


PR