Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

安倍政権が目指す日本の方向

[2013年9月号掲載記事]

201309-3

安倍晋三第96代総理が率いる自民党は、昨年12月の衆議院選挙に続き7月の参議院選挙でも大勝しました。これにより、公明党との連立内閣の議席数は両院で過半数を占めました。安倍総理は強い日本経済の復活を掲げ、デフレ経済の解消を最優先とする政策を打ち出しています。また、世界市場の4割を占めるTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加を決めました。

安倍内閣はアメリカをはじめ各国の思惑が交差するTPP交渉で、農業を守りながら貿易の拡大を目指します。一方で、原発や鉄道建設などの社会インフラの輸出も進めています。しかし、いまだ福島の原発事故の処理ができていない段階で、経済的理由から原発の輸出や再開を容認する意向には多くの国民は疑問を持っています。

外交では、中国との緊張関係を踏まえて東南アジア諸国とは友好関係、経済協力を強めています。日本の安全保障面ではアメリカとの関係をより強化しようとしています。それに関連して自衛隊を国防軍に替え、集団的自衛権を行使できるように憲法を改正する強い意欲を持っています。しかし、それにも強い反対があります。

来年には消費税の値上げが予定されていますが、景気後退につながると多くの国民が心配しています。安倍内閣が多くの諸問題を抱えているもかかわらず、選挙で大勝しました。その理由は現在の選挙制度と、国民の景気回復最優先願望にあります。実際には参議院の選挙区選挙で与党への投票数は野党の合計より少なかったのです。

朝日新聞の参議院選挙後の調査では、自民党が大勝した理由を「自民党が評価された」と答えたのは、わずか17%でした。反対に、「野党に魅力がなかった」とする人は66%でした。4年前の衆議院選挙では、野党の民主党が歴史的に大勝を遂げました。安倍内閣が経済を立て直すことができなければ民主党と同じ道が待っています。

安倍総理大臣のルーツ

安倍総理は華麗な政治家一族に生まれました。父は外務大臣を務めた安倍晋太郎。祖父は東西冷戦下にあった日本の進路を決める日米安保条約改正を遂行した第56~57代総理大臣の岸信介です。この改正をめぐって歴史に残る反対デモが繰り広げられましたが、「声なき声が支持している」と信念を貫きました。

第61~63代総理大臣の佐藤栄作は大叔父にあたります。「核兵器を持たず、造らず、日本へ持ち込ませず」の非核三原則を堅持したとしてノーベル平和賞を受賞しました。アメリカからの沖縄返還を実現させ、連続での歴代最長の総理任期を務めました。

安倍総理は2006年に第90代総理大臣になりましたが、病気を理由に任期1年たらずで突然辞任しました。今回は再チャレンジで、「強い日本」の復活への意欲を見せています。外交的には、タカ派といわれます。


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR