Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

外国人観光客誘致に取り組む地方自治体――藤枝市の場合

[2012年7月号掲載記事]

201207-1-1

十輪寺にて

 

近年、日本全国で地域を活性化させようとする動きが起きています。安くておいしい、地元に愛されている食べ物(B級グルメ)によって地域をPRしていくイベント、「B-1グランプリ」はその代表的な一つです。昨年兵庫県姫路市で行われた大会では、日本各地から63団体が参加し、来場者は50万人を超えました。

地方自治体が「街おこし」でもっとも力を入れて取り組んでいるのは観光です。これまで見過ごしてきた地元の魅力を引き出し、観光客、とりわけ外国人に来てもらおうと動き出しています。政府は観光を国の主要産業に育てようと、その動きを後押ししています。また観光庁は日本らしい生活や文化を発見する旅、「ニューツーリズム」を提案しています。

草津(群馬県)や鎌倉(神奈川県)、沖縄などの有名観光地では在日外国人にモニターツアーを行い、外国人観光客の受け入れの改善を行ったり、外国人向けのメディアを招待してPRをしたりと、それぞれが外国人客誘致の道を模索しています。こうした動きはメジャーな観光地だけでなく、外国人になじみのない町や村でも行われています。

今年3月下旬には、静岡県藤枝市が外国人向けメディアや在日大使館の高官らを招いたモニターツアーを行いました。静岡県は日本のほぼ中央に位置し、東西155キロにわたる県です。海に面し日本の象徴でもある富士山もあり、温暖で景色がきれいなところとしても知られています。

藤枝は静岡県の中央に位置し、東京から車でおよそ2時間です。日本人には「サッカー王国」として知られています。藤枝東高校は全国高等学校サッカー選手権大会で上位を競っています。また、Jリーガーで活躍する中山雅史や日本代表チームのキャプテン、長谷部誠の出身地でもあります。しかし、それ以外についてはあまり知られていないのが実情です。

201207-1-2

玉露の里

 

静岡は日本一のお茶の生産地です。モニターツアーを企画した藤枝市観光協会は、それをふまえてお茶を見どころの一つとしています。茶畑を訪れ、高級茶として知られる「玉露」の作り方やお茶が作られる過程を見るお茶の工場見学が行程に組まれていました。そして、「玉露の里」では、日本庭園を見ながら着物の女性がもてなすお茶を楽しむことができます。

観光協会は、藤枝に数多くある寺や城なども観光スポットにしようとしています。一行は、樹齢750年の松があり、歴史的価値のある書画も見られる大慶寺、また、木食上人の微笑仏を代表する2体がある十輪寺、さらに500年前に建てられた史跡、田中城の敷地内にある下屋敷を訪れました。堀で丸く囲まれていたため、敵から攻められることがなかったといわれています。

さらに、侍の時代の旅館「柏屋」も見学しました。昔、江戸(現在の東京)と京都の間には53の宿場町がありました。その一つであり、近年藤枝市に組み入れられた岡部地区にあります。参加者は再現した実物大の人形や当時使用していた道具、また、当時の街の様子がいきいきとわかるジオラマなどを興味深く見ていました。

201207-1-3

精進料理/柏屋

 

藤枝市を貫く瀬戸川沿いの「桜のトンネル」は春の観光アトラクションです。一行は瀬戸川を眺めながら精進料理を食べられる「水月庵」で昼食を取りました。地元でとれる野菜や果物を使ったさまざまな料理に参加者は感動していました。ここには市長もあいさつに駆け付け、歓迎のスピーチをしました。さらに、花のトンネルを訪れる一行の取材を地元の新聞社に手配していました。

瀬戸川沿いにある志太泉醸造も訪問し、おいしい水で造られた酒を試飲しました。評判のこの酒はおみやげの一つとして期待されています。静岡県はイチゴの産地としても有名ですが、スケール日本一といわれる「ジャパン・ベリー」への訪問も組まれていました。ここでは「30分食べ放題」があり、広大なビニールハウス内のイチゴを好きなだけ取って食べることができます。観光協会は飲食を観光アトラクションとするようです。

藤枝市は隣町の焼津市を加えた広域で観光客を誘致しようと考えているため、モニターツアーには焼津市も含まれていました。焼津はマグロの水揚げで知られており、漁港を見学しました。宿泊は焼津グランドホテル。ここからは太平洋が一望できます。温泉から海と富士山をながめることもできる絶好のロケーションにあります。

201207-1-4

醸造所/ジャパン・ベリー

 

このモニターツアーでは、観光局、藤枝市職員、ボランティア通訳などが熱心に街を紹介していました。参加者は、そのもてなしに満足していました。しかし、残念ながら藤枝には日光の東照宮、鎌倉の大仏のような目玉となるものがありません。それはツアー参加者も感じ、観光協会はその目玉を探しているようです。

藤枝は日本の中央に位置し、海も山もあり、さまざまな観光スポットもあります。人口は現在14万5千人ほどですが、日本の多くの自治体の人口が減るなかで近年伸び続けています。人を引き付ける魅力は十分あり、日本の標準的生活者が住む「日本の縮図」ともいえます。あえて「日本人の普通の生活が見られる観光地」として外国人に売り出すのも一案かもしれません。

日本にはバラエティーに富む観光資源があり、世界の人々から称賛されている「おもてなし」もあります。各自治体の外国人観光客の誘致への熱心な取り組みにより、日本の地方が観光地としても脚光を浴びる日がやってくるのは、そう遠くはなさそうです。

藤枝市観光協会


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。

  • http://mynihonjourney.blogspot.com/ Thomas

    Great to see all this renewed energy in Japan!


PR