Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

和室で使われる畳とその応用商品

[2012年7月号掲載記事]

201207-5

日本の伝統的な部屋は、床が簡素で美しい雰囲気のある畳でできています。畳は三つの部分からできています。畳表と呼ばれる表面、畳床と呼ばれる内部、そして畳縁。表面は2000年ほど前から日本で使用されてきたイグサから作られています。

畳床は5.5センチほどの厚さで、わらでできています。畳縁の生地は畳床と畳表を縫い付けて止めます。畳縁の生地は目的により、綿、リンネル、絹が使われます。繊維は、畳の美しさを引き立てる伝統的な日本の洋式で飾られます。

畳のサイズは定形で長さ174センチ、幅87センチ(東日本)。正方形の計測にも使われます。畳一枚の長さは、幅の倍と決まっています。部屋の大きさは坪(3.3平方メートル)で表します。一坪は畳2枚の大きさです。

畳は最初、位の高い人のためのクッションとして使われました。その後、茶室の床として定着し、広く庶民の部屋にも使われるようになりました。畳の上では靴をはいてはいけません。また、縁はふまないようにします。茶道では茶碗を畳の縁からどの位置に置くかが決められています。

畳の使用は減っています。モダンなマンションや一戸建ての家には、畳の部屋は一つだけ、さもなければ、まったくありません。畳は主に地方の小さな畳屋で作られていますが、今、畳の新しい使い道を模索しています。畳で作った、携帯やiPadのカバーや時計、花瓶敷などの製品が最近登場し、外国人ばかりでなく日本人にもますます人気となっています。

http://www.ANYTHING-FROM-JAPAN.COM/?Click=94

文:ゾェルゲル・ニコラ


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR