Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

「文化大国」へ動き出すニッポン

[2011年10月号掲載記事]

ひらがなタイムズは2011年10月号で300号を迎えました。創刊当時の1986年は日本の経済は絶好調で、アメリカに迫る経済大国でした。あれから25年、日本はバブル経済の崩壊やリーマンショック、東日本大震災を経て大きく変わりました。一方では、アジアの国々(特に中国)が発展を遂げ、世界は新しい時代を迎えました。

先進国では企業が製造を外国へ移したため、経済が悪くなり失業率は上がりました。そのため製造業に代わる収入源を求め、多くの国が金融に依存するようになりました。しかし、アメリカをはじめ多くの国が日本のバブル経済崩壊と同じ道をたどっています。

今年、日本の国内総生産が二位からアメリカ、中国に続く三位に下がりました。このような状況のもとで、日本人の価値観が変わりつつあります。競争社会で得る物質的な豊かさより、心豊かな暮らしを大切にする人が増えていることが調査で明らかになっています。

その大きな理由の一つは、ほとんどの日本人がほどほどの文化的生活を送っていることです。日本の多くの家庭にはすでに電化製品や車など生活に必要なものすべてがあり、鉄道やコンビニなどの設備も発達しています。日本人がいま求めているのは、心を豊かにしてくれる文化といえるでしょう。

日本文化の特色は、洗練された美しさにあるように思えます。たとえば、日本料理は味の良さだけでなく、それを盛り付ける繊細な器、すばらしい彩り、さらに行き届いた接客などが加わります。料理全体が美しい芸術作品に仕上げられます。

このように日本文化の優雅さは、伝統芸術や建築物、工業製品などにも取り入れられます。その源となるものは、交通機関で見られる正確な到着時間、旅館で見られる最高のもてなしなど、日本人の「こだわり」です。

日本政府は製造業に続いて、日本人のこだわりから生まれた「クールジャパン」が日本の新たな成長源となることを期待しています。アニメやまんがはすでに世界的に知られ、日本料理も受け入れられています。最近では、理髪店や旅館で見られる質の高いサービスが海外で注目されています。

「クールジャパン」は、いま海外に、特に欧米やアジアに広がっています。ひらがなタイムズは、これまで外国人読者に日本の良いところを尋ねました。多くの人が日本の食べ物のバラエティーとおいしさ、また、店員の笑顔や商品についてのアドバイスなど、顧客重視のもてなしをあげています。

また、交通機関の便利さと正確さや治安の良さ、日本人の清潔さ、道徳心の高さをあげる人もたくさんいました。オーストラリア人のアーティスト、レベッカさんは、「通りに面した店が盗難を心配せずに商品を並べられること。朝の5時にミニスカートで帰宅でき、少なからずそれができる安心感があること。バッグを電車に置き忘れても、10分後には無事に戻ること」と言います。

それらの中でも一番多かった答えが、「日本人の親切」でした。中国からの留学生、羅成花さんは、「道を聞くと、親切に指を差して、または紙に書いて教えてくれます。初めて電車に乗ったときに、切符の買い方を教えてくれた人に感謝しています」と言います。日本文化のとりこになった外国人もたくさんいます。

11月3日「文化の日」は、日本の文化に親しむ祝日です。日本文化に貢献した人達を表彰するなど、その前後の週には、さまざまな催しがあります。文化庁も文化に関するイベントの開催を団体に奨励しています。

外国人が日本文化を味わえる最も手ごろな方法は旅行です。日本には美しい自然、遺跡がたくさんあり、旅行者は四季おりおりに楽しめます。カナダ人ライター、アンドレア・モリさんは「伝統とモダン、都会と田舎など相反する要素、また、相対的な調和のもとにうまく共存しているところが好きです」と言いました。

このように、日本は今、「経済大国」から「文化大国」へ動き始めています。幸い日本には文化資源がたくさんあります。日本文化は日本を復興させる可能性を秘めています。


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR