Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

東京の二大タワーが競演

[2011年5月号掲載記事]

写真左:東京タワー/写真右:東京スカイツリー

今、東京の墨田区では新しい電波塔が建設されています。名前は東京スカイツリー®といい、高さは自立式電波塔としては世界一の634メートルです。今年の冬に建物は完成、開業は来年春の予定ですが、すでに観光名所になっています。

訪問者の間で人気なのが、建設中の東京スカイツリーを写真に撮ることです。例えば町中にあるカーブミラーを使って、自分と東京スカイツリーをいっしょに撮ったり、橋の上へ行って川に映る東京スカイツリーの影を一枚の写真に収めたりします。このような撮影のくふうや撮影スポットは、インターネット上や雑誌でよく特集されています。撮る時間帯やアングルを指導するプロカメラマンのブログもあります。

今年3月18日、東京スカイツリーは高さが634メートルになりました。この日はメディアや観光客が、東京スカイツリーの足もとにたくさん集まりました。「634メートル」と書いた手作りのプラカードを掲げて喜ぶ人もいました。

株式会社はとバスは、バスで東京スカイツリーの近くを通るコース、川から船に乗りながら見るツアー、ヘリコプターで高さ600メートルの空から見るプランなどを用意しています。「東京スカイツリーの建設は、日本全国が注目している工事ですよ」と広報室の永井モンロー麻理さんは言います。「塔がどんどん高くなっていくのは、そのときしか見られない景色でした。それを見たくて人が集まったのだと思います」。

東京にはもう一つ有名な電波塔があります。港区にある高さ333メートルの東京タワーです。1957年に建設を始め、翌年完成しました。年間約300万人が訪れる観光名所です。今、この東京タワーと東京スカイツリーの両方が楽しめます。2塔両方を1日で観光したり、両方を同時に見られる場所をさがして写真を撮ったり、東京タワーから東京スカイツリーを見たりするのです。

「改めて東京タワーを思い出してくださる方が多いのだと思います」と日本電波塔株式会社企画部の五十嵐健吾さんは言います。「東京タワーは開業から50年以上たっていますので、各年代の方がそれぞれの思い出をお持ちなんです。年配の人は東京タワーが東京のシンボルとして人々に元気や希望を与えてくれた時代の記憶を、若い人はお父さんやお母さんと展望台に登ったときの思い出を、という感じですね。東京スカイツリーを見て、東京タワーをなつかしく思ってくださるんじゃないでしょうか」。

東京スカイツリーは日本人に、日本の建築技術力や希望だけでなく、昔のことや家族のきずなも思い出させてくれるようです。

東京スカイツリー
株式会社はとバス
東京タワー

文:砂崎 良


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR