Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

遊びを勉強にして日本語上達

[2015年8月号掲載記事]

201508-8

金 垣坰さん

「中学時代、岩井俊二監督の映画『Love Letter』を見てすごく感動しました」と韓国人の金垣坰さんは日本に興味を持ったきっかけを話します。「映画の中で描かれている町の風景や言葉は韓国とは全然違うのに、登場人物が喜んだり悲しんだりするところが韓国人の一般的な情緒と全く同じでした。それまで、外国人はみんな自分達とは違うはずと思っていた私にとっては新鮮な驚きでした」。

金さんは2012年4月に日本に来ました。赤門会日本語学校のビジネス就職クラスで日本語力をブラッシュアップしながら就職活動をしました。現在、株式会社ヒューマンパワーという外国人に特化した人材紹介会社で働いています。「日本での2つ目の職場です。以前の自分のように、日本で働きたい、日本で自分の夢を実現させたいと思っていらっしゃる外国人の方々が目標に近づけるよう努めています」。

金さんが日本語の勉強を始めたのは大学でした。「日本語を専攻すれば、少なくとも私の大好きな日本の歌やドラマを、歌詞カードや字幕なしでもわかるようになるかな、という軽い気持ちでした」。

しかし、歌やドラマを通じて日本語に親しんできた金さんには、授業はすぐにつまらないものになってしまいました。そこで考えたのは、遊びを勉強にすればいいということでした。金さんは好きなアイドルが載っている雑誌を買い、辞書を引きながら読みました。また、日本人の友達をつくり、メールでのやり取りも始めました。

「最初は、雑誌1ページを訳すのに1時間以上かかりましたが、だんだん文章の構造がわかるようになりました。日本の文化や風習を学ぶこともできました。茶柱が立つといいことがあると知ったのもそのおかげです」と笑います。1年後、金さんの日本語は日本の友達が驚くほど上達しました。

日本語の勉強で大変だと思うことは敬語だと金さんは話します。「最近『~させていただく』という言葉を、相手にやってもらうときも使ってしまい、冷や汗をかきました。でも、日本語の勉強で楽しいと思うところも敬語です。使いこなすのは難しいですが、正しくきれいな言葉遣いをしようと常に意識することで、私自身の言動も丁寧になると思います。そしてそれが相手に良い印象を与えることができます」。

休日はその日の気分で知らない街を歩くのが好き、と金さん。「都内の路線図を開き、行ったことのない駅を一つ決めます。そして、あてもなくその街をぶらぶら歩きながら、冒険を楽しみます。そうやって気持ちを切り替えると、たまっていたストレスも軽くなり、また明日もこの国でがんばろうと元気になれます」。

株式会社ヒューマンパワー


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR