Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

地域ごとに異なる人の気質に興味

[2014年10月号掲載記事]

201410-9

エレオノーラ・フリージさん

エレオノーラ・フリージさんは、1年前にイタリアから来日しました。半年前からイタリアンレストランの運営やケータリングサービスをしている会社に勤め、PRの仕事をしています。お客の7割は日本人なのでエレオノーラさんも仕事では主に日本語を使っています。話す言葉だけ聞いていると日本人のように流暢ですが、「書くのは苦手です。手書きだと特に難しいです」と苦笑します。

エレオノーラさんが日本語の勉強を始めたのは大学生のときです。ヴェネツィア・カ・フォスカリ大学で経済を専攻していましたが、中国語や韓国語、日本語の教育で有名な大学だったので第一外国語に日本語を選択したのです。「中国語も勉強しましたが、発音がイタリア語に近かったので日本語を選びました」。

在学中に交換留学制度を利用し2度明治大学に留学しました。エレオノーラさんは、イタリアと日本の大学の違いに驚きます。「イタリアの大学にはスポーツイベントも学祭もありません。ゼミ活動もありませんでした」。当時は寮に住み、同室になった外国人の友人とも日本語で会話をしていました。当時の友達とは今も休日を一緒に過ごすことがあります。

「若いうちに海外で暮らしたいと思っていました。東京は安全で住みやすいと思いました」。大学卒業後に再来日し、東京で暮らし始めます。母国で日本語を十分に学習し、日本に二度留学していたエレオノーラさんですが、最初の半年間は新宿日本語学校に通って勉強しました。「大学の最後の一年は卒業論文を書くのに専念していてほとんど日本語を使っていなかったんです。漢字は忘れてしまっていましたね」。

特に文法が苦手と言います。文法の本を読んでもわからないときは日本人の友達に聞きます。「例文でこういうときはこう言う、と教えてくれるのでわかりやすいです」。イタリアの事情に詳しい友人もいて、「イタリア人ならこういうことがわかりづらいのでは?とイタリア人向けに説明してくれるんです」。こうした友達の助けで日本語は上達してきました。

しかし、もうこれ以上日本語が上達しないのではないか?と不安に思うこともあります。「ゼロからだと上達するのも早いですが、ある程度できるようになるとなかなか伸びなくなりますよね。今の私がその段階なんです」。同じように日本語を勉強している人たちにもあきらめないでほしいと言います。

エレオノーラさんは食に興味があります。さしみやラーメンが好物で、友人から習った焼きそばは自分でもよく作ります。国内旅行をするときはもちろんおいしいものを食べるのを楽しみにしています。しかし、旅の目的は他にもあります。「東京と地方の違いを知りたいです」と言います。東京とそれ以外の土地では気質にも違いがありそうだと感じているからです。

「この間大阪に行ったのですが『どこから来たの?』とすぐに話しかけられて驚きました。東京の人はめったに話しかけてきませんから。話好きなイタリア人っぽいなと思いました」。イタリア人の友人とは、大阪は明るい性格の人が多くナポリ風で、一方の東京はクールなミラノ風など気質が似た街をあてはめたりもしています。

新宿日本語学校

文:市村雅代


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR