Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

関心のなかった日本が好きに

[2014年6月号掲載記事]

201406-9

ロンイ・ウセン・ラフィさん

「実は、日本には全く関心がなかったんです」と台湾出身のロンイ・ウセン・ラフィさんは苦笑します。「台湾には日本好きな人が多くて、日本への観光旅行は大人気です。でも私は一度も参加したことがありませんでした。私はヨーロッパに興味があって、大学ではドイツ語を学びました」。

しかし2012年10月にロンイさんのボーイフレンドが日本へ転勤したので、ロンイさんも来日しました。「日本語はまったくできませんでしたし、そのうえ東日本大震災の後でしたから、両親はとても心配しました。でも私は彼と一緒に行こうと決意しました」。日本へ来たロンイさんは日本がとても好きになりました。「日本の街はどこも清潔です。電車は時間通りに動きます。みんな礼儀正しくてきちんとした服装をしていますし、ごみのリサイクルも細かくやります。日本人のそういうところは、私たち台湾人も学ぶべきだと思います」。

日本の文化や自然にもひかれました。「もともと花が好きだったので、生け花や苔玉づくりをしています。続けるうちに、花の美しさを強く感じるようになりました。2013年の春、初めて満開の桜を見たときには、とても感動して泣いてしまいました」。

ロンイさんは日本食も気に入りました。「彼は最初、納豆がきらいでした。でもゆずこしょうは好きなので、私は彼のために納豆にゆずこしょうを入れるようにしました。すると彼も納豆が大好きになりましたよ」と言います。「特別な記念日には神戸牛を食べるのが楽しみです。家の近くのちゃんこ鍋レストランにもよく行きますよ」。

困ったこともあります。「日本の物価の高さは衝撃的でした。台湾の約3倍です」とロンイさん。「今住んでいる家は駅から近くて便利で、日当たりもよくていい家ですが、家賃を聞いたときには耳を疑いました。冬は暖房のための電気代がとてもかかります」。

ロンイさんは日本に来てすぐ、日本語の勉強を始めました。「日本で生活するなら日本語を勉強するのは当然だと思って、エヴァグリーンランゲージスクール(東京都目黒区)に入学しました。学費は1年で約70万円です。午前中3時間半は日本語を勉強して午後はアルバイトをします。夜は家で遅くまで日本語を勉強します。エヴァグリーンのいいところは、一クラスの人数が多くても8人であることです。私のクラスは今5人で、たくさん話すことができます」。

ロンイさんは2013年4月に入学し、7月に日本語能力試験のN2に合格しました。「次はBJTビジネス日本語能力テストを受けたいと思っています」と目標を語ります。「仕事と日本語の勉強でとても忙しいですが、日本での生活を楽しんでいます。日本には中古のブランド品のお店がたくさんあって、品質のよい物を安く買えるので嬉しいです。台湾人の友達には『ロンイは急にお金持ちになったの?』と聞かれますよ」と笑います。

エヴァグリーンランゲージスクール

文:砂崎良


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR