Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

日本語がうまくなるコツは「好きになること」

201309-7

[2013年9月号掲載記事]

フレデリック・ニューベルグさん

フレデリック・ニューベルグさんは、日本語を勉強し始めてまだ10ヵ月です。2012年10月、23歳のときにノルウェーから来て、横浜国際教育学院という日本語学校に入りました。「日本はノルウェーと全然違うのでおもしろいです」と目を輝かせます。

フレデリックさんが日本に興味を持ったのは、まんががきっかけでした。「ノルウェーの本屋では英訳された日本のまんがが売られています。20歳ごろから読むようになって、日本へ行きたいと思い始めました」。母親は原発事故の影響を心配して止めましたが、フレデリックさんが「もう安全だから」と説明すると納得してくれました。

フレデリックさんは17歳のときから車を修理する仕事をしていたので貯金が250万円ありました。今はアルバイトはしていませんが、その貯金と、独立行政法人日本学生支援機構から支給される月額4万8千円の学習奨励費で生活しています。住んでいるのは学校の寮で、ワンルームマンションです。

「一ヵ月にだいたい12万円くらい必要です」とフレデリックさん。「家賃が約6万円、遊びや食事でも6万円くらい使います。ほとんど外食なので食費が少し高くなってしまいますね」。でも日本人の彼女ができてからは、料理をすることが増えました。「週末は彼女が来ますから、僕はノルウェー料理、彼女は日本料理を作って一緒に食べるんですよ」。

フレデリックさんは横浜に住んでいますが、東京へもよく遊びに行きます。「東京で好きな場所は上野、秋葉原、渋谷です。横浜ではみなとみらいが好きです。好きな場所は他にもたくさんあります」。国内旅行で松本(長野県)や熱川(静岡県)にも行きました。

日本の生活を楽しんでいますが、それでも困ることはあります。「日本料理にシーフードが多いことです。僕はアレルギーで食べられないんです」。また、日本の習慣をよく知らなかった頃は、日本人がラーメンを音をたててすするのを見て驚いたり、温泉でのマナーを破って注意されたり、ということもありました。

わずか10ヵ月で日本語が上手になった秘密は何でしょうか。「学校では1日に4時間授業を受けます。最近は試験対策が中心で、自宅でも1時間くらい勉強します」とフレデリックさん。また、趣味も勉強に役立ちました。「漢字は小説やまんがを読んで覚えました。まんがでは手塚治虫や「あしたのジョー」、小説では村上春樹が大好きです。アニメではジブリ作品、テレビではバラエティー番組が大好きで、よく見ています。文法や敬語、特に「は、が、を、に」など助詞の区別は苦手なので、iPodでいつも聞くようにしました」。

将来はゲームやウェブなどのデザインを勉強したいと話すフレデリックさん。「日本語学校を卒業する前にJLPT(日本語能力試験)のN1が取れたらいいなと思いますが、無理でしょうね」と頭をかきました。

横浜国際教育学院

文:砂崎良


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR