Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

茶碗蒸し

[2010年4月号掲載記事]

材料(2人分)

  • とりささみ 1本(40g)
  • 塩 少々
  • 酒 小さじ1/2
  • えび 中2尾
  • 酒 小さじ1/2
  • しめじ 1/4パック(30g)
  • みつば 2本

卵液

  • 卵 2個
  • だし カップ1+1/2
  • 水 カップ2(出来上がり量 カップ1+1/2)
  • こんぶ 約5x10cm角
  • けずりかつお カップ1/2
  • (A)塩 小さじ1/3
  • みりん 小さじ1/2
  • しょうゆ 2~3滴

なめらかな茶碗蒸しを作るコツ

卵とだしの割合を、卵1:だし3にすると、なめらかな口あたりになります。また、火加減と加熱時間に気をつけましょう。卵液は80℃で固まるので、蒸し器のなかは80~90℃に保ちます。強火で蒸し続けると、卵液に気泡ができてしまいます。(すが立つと言います)

  1. こんぶは、表面についている白い粉もうまみの成分なので、洗わずに乾いたふきんでふきます。分量の水(カップ2)に30分以上つけます。
  2. 1を弱めの火にかけ、ふっとう直前にこんぶを取り出します。けずりかつおを入れ、再びふっとうしたら、火を止めます。1~2分おいて、かたくしぼった布きんやペーパータオルでこします。
  3. だしが温かいうち(60℃。ぬるめのお茶くらいの温度)に(A)塩、みりん、しょうゆを加えます。
  4. えびは尾の1節を残して殻をむき、背わたをとります。酒をふります。
  5. とりささみは筋をとり、ささみを4切れのそぎ切りにします。それに塩、酒で下味をつけます。
  6. しめじは石づきを落し、小房に分けます。みつばは茎と葉に分け、茎は2~3cmに切ります。
  7. 卵は泡立てないようにほぐし、3とあわせてこします。
  8. みつば以外の材料を茶碗に入れ、卵液を静かに注ぎます。表面に泡が出来たら泡をとります。
  9. 蒸し器に水を入れ強火にかけます。蒸気が充分に出てきたら、茶碗をのせます。
  10. 始めの3分は強火で、表面が白っぽくなったら弱火にして、12~13分蒸します。
  11. 竹串を刺してみて、穴の汁がすんでいれば蒸し上がりです。
  12. 火を止めて、みつばをのせて、1分ほど蒸らします。
  13. 取り出してふたをしてできあがりです。


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR