Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

揚げ出しどうふ

[2010年11月号掲載記事]

材料(2人分)

  • 木綿どうふ 1丁(300g)
  • 小麦粉 大さじ1
  • 揚げ油 適量

<かけ汁>

  • だし(顆粒、小さじ半分)カップ1/2 
  • みりん 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1

<薬味>

  • 大根 100g 
  • しょうが 1かけ(10g)
  • 万能ねぎ 2本
  • 小麦粉は揚げる直前につけます。粉をつけて時間をおくと、とうふの水分でべたついてきます。
  • 好みで絹ごしどうふでもかまいません。
  • とうふにまぶす粉はかたくり粉でもよいです。
  • かたくり粉で揚げたとうふは、つるりとした食感に仕上がります。
  • 小麦粉は揚げたときの色がよく、香ばしく揚がります。

1. とうふは4つに切り、ざるにのせて15分ほどおき、自然に水を切ります。急ぐときは、とうふをペーパータオルで包み、皿にのせて電子レンジで約2分加熱します。

2. 大根はすりおろし、ざるにとって自然に水気をきります。しょうがは皮をこそげてすりおろします。万能ねぎは小口切りにします。

3. かけ汁は鍋に材料を入れ、ひと煮立ちさせます。

4. 揚げ鍋に約3cmの深さまで油を入れます。とうふの水気をペーパータオルで軽くおさえ、小麦粉を全体にまぶし、余分な粉をはたいて落とします。

5. 揚げ油を高温(180℃)に熱し、とうふを入れます。衣が薄く色づいてきたら裏返し、全体が薄茶色になったら取り出します。

6. 深めの器にとうふを盛り付け、薬味をのせます。かけ汁をかけてできあがりです。


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR