Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

きんめの煮付け

[2010年10月号掲載記事]

材料(2人分)

  • きんめだい 2切れ(240g)
  • しょうが 小1かけ(5g)

<煮汁>

  • 水 カップ1/2
  • 酒 カップ1/4
  • みりん 大さじ3
  • しょうゆ 大さじ1 1/2

<前盛り>

  • わかめ 20g
  • 万能ねぎ 5~6本(30g)

下ごしらえ

  • きんめだい:皮に1~2本切れ目を入れます。これは魚に味をしみこみやすくします。また魚のそり返りを防ぎます。
  • しょうが:皮付きのまま薄切りにします。
  • わかめ:水で洗って水に2~3分つけもどし、2~3cmの長さに切ります。
  • 万能ねぎ:5cmの長さに切ります。

1. 鍋に煮汁の材料、しょうがをいれ、強火にかけます。きんめだいの水気をふきとり、煮汁が煮立ったところに入れます。

2. スプーンで、煮汁をきんめだいの上にかけます。こうすると魚の表面が早く固まり、うま味が逃げるのを防ぐとともに、皮が落しぶたにつきにくくなります。

3. 沸騰したらアクをとり、中火にして、落しぶたをします。生臭さがこもらないように、鍋ぶたはしません。

4. 途中2回ほど、きんめだいに煮汁をかけながら、約10分煮ます。

5. 落しぶたをとり、強火でさらに2~3分煮詰めます。煮汁が鍋の底に残り、きんめだいのつやがよくなったところで火を止めます。

6. できたては形が崩れやすいので、1~2分おいて少し冷まして(あら熱をとる)から、そっと取り出します。深さのある皿に皮が向こうになるように盛りつけます。

7. 残った煮汁にわかめと万能ねぎを入れ、さっと(1分弱)火を通して、きんめだいの右手前に添えます。煮汁をかけてできあがりです。


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR