Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

巨人と人間との終わりのない戦い

[2015年8月号掲載記事]

201508-9-1

進撃の巨人 1巻表紙。諫山創著。講談社発行

進撃の巨人

謎の巨人に襲われ、絶滅の危機に立たされた人間達が、巨人との終わりのない戦いに挑む物語。2009年に別冊少年マガジンで連載が開始され、現在も続いています。この作品でデビューした諫山創は発表と同時に注目され、2011年には講談社漫画賞少年部門を受賞しました。単行本の累計発行部数は4,400万部を超えています。

時は845年、繁栄を築いた人間は突然現れた巨人に襲われます。人間を食べる巨人から守るため、巨大な三重の城壁を造り、その内側での生活を強いられます。調査兵団が時々視察のために城壁を出ますが、巨人から被害を受けるだけで勝てる見込みはありません。10歳の少年エレンは壁の外の世界へ憧れを抱き、調査兵団に入りたいと望みます。

城壁内は100年間平和が続いていましたが、ある日巨人達が城壁を壊して侵入してきます。そしてエレンの母親が巨人に食べられてしまいます。助けることができなかった無念からエレンは復讐を決意。いつもエレンを見守る幼なじみの少女ミカサと共に訓練団に入団します。

それから数年後、エレンとミカサは優秀な成績で訓練団を卒業します。二人は志願して、巨人のいる壁の外を調査する調査兵団に入ります。エレンは固定砲の整備を行っているときに巨人に襲われます。足に傷を負いながらもエレンは仲間を助け、その身代りに巨人に食べられてしまいます。

エレンの死を聞いたミカサはショックを受けますが、戦う気持ちを奮い立たせて仲間を先導します。そんななか、巨人を攻撃する巨人が現れます。その巨人はミカサのピンチを救い、何体もの他の巨人を倒して力尽きます。その倒れた巨人の体からは、死んだはずのエレンが現れます。

エレンがなぜ巨人になるのかなど謎が解き明かされながら、物語は進んでいきます。単にヒーローが活躍するのではなく、悩み、苦しむ主人公の姿は読者の支持を集めました。また様々な伏線が張られているので、読み返すと新たな発見があるのも特徴です。韓国やアメリカなど海外でも発行され、高い人気が続いてい
ます。

文:瓦谷登貴子


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR