Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

個性的な6人が繰り広げるアクション・ストーリー

[2013年6月号掲載記事]

201306-7-1

© 一条ゆかり/集英社
文庫本も販売されています
1巻表紙。一条ゆかり著。集英社発行。

 

有閑倶楽部

「有閑倶楽部」は1981年に雑誌で連載が開始されたまんがです。大金持ちで個性的な男女6人の高校生が引き起こす、サスペンス、アクション、ホラー、恋愛ストーリーがテンポ良く描かれています。現在でも不定期に雑誌に掲載され、性別を問わず様々な年代の読者に読まれている作品です。

主人公は聖プレジデント学園に通う6人の高校生です。大富豪の娘でけんかが強い剣菱悠理をはじめ、大病院の家の息子でとても頭が良い菊正宗清四郎、日本画家と茶道の家元の両親を持つおしとやかな白鹿野梨子、警視総監の息子でメカニックにとても詳しい松竹梅魅録、宝石商の母を持ちおしゃれが大好きな黄桜可憐、スウェーデン大使の息子でプレイボーイでハンサムな美童グランマニエがいます。

タイトルの有閑とはひまなこと、または時間に余裕があることをいいます。主人公の6人は仲良しで、生徒会の役員です。変化のない毎日に退屈している主人公たちは、自分たちのグループを有閑倶楽部と名付けます。個性的で学園の生徒の中でも目立つ有閑倶楽部のメンバーたちは他の学生たちの憧れのまとでもあります。

第1話は、可憐の母親が間違ってイミテーションの宝石をお客に売ってしまったことから始まります。有閑倶楽部は、友人を助けるためにパーティー会場で宝石のすり替えを計画します。その他にも、悠理が誘拐されてしまう事件や、殺人事件、心霊現象などが次々と起こります。主人公たちは、それぞれの特技を活かして難事件を解決していきます。

主人公たちの他に、家族やペット、エピソードごとに違う悪役が登場することなども見どころの一つです。悠理の父、万作や魅録の父、松竹梅時宗など、個性豊かなキャラクターがたくさん登場し、重要な役割を演じます。また主人公たちの豪華で派手な日常生活の様子も、読者をあきさせません。豪華客船でクルーズ旅行をしたり、ぎょうざを食べるためだけに万作はプライベートジェットで香港へ向かったりします。

作者の一条ゆかりは、「まんがは、自分ができないことを描きたい。それこそ夢のような、『こんなおいしい話ないよ!』というようなのを描きたい」と有閑倶楽部オフィシャルサイトのインタビューで述べています。日本の高校生を主人公にしながらも、私たちのいつもの生活とは大きく違う架空の世界がいきいきと描かれていることが最大の魅力です。

2002年にはストーリーに登場した全てのキャラクターの紹介や作者のインタビュー、制作にまつわる秘話が書かれたオフィシャルファンブックも発売されました。また、アニメーション化やテレビドラマ化もされました。

文:柴田理恵


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR