Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

ブッダとキリストのバカンスを描くコメディーまんが

[2013年5月号掲載記事]

201305-7-1

© 中村光/講談社
8巻表紙。中村光著。 講談社発行。

 

聖☆おにいさん

「聖☆おにいさん」は、青年向けのまんが雑誌で2007年に連載がスタートしたコメディーまんがです。単行本が年間200万部以上売り上げるほどの人気作品であり、2009年には手塚治虫文化賞短編賞を受賞しました。主人公は二人の聖人、仏教の開祖であるブッダ(釈迦)と、キリスト教の救世主、イエス・キリストです。

ブッダとイエスが、下界でのバカンスを楽しむために東京の立川市でアパートをシェアし、仲良く共同生活をしているという設定です。お風呂のない狭い部屋に住み、手作りのTシャツにジーンズといった気軽なスタイルの二人。あるときは家族のように、またあるときは親友のように、お互いをいたわり尊敬しあっています。

ブッダはとてもしっかり者で、料理や掃除などの家事すべてを担当し、経済的なやりくりもしています。まるでお母さんのような存在です。すばらしい言葉を言うと後光がさしたり、外を歩けば動物がたくさん集まってきたりします。手塚治虫が自分の生涯を描いた「ブッダ」を読んで感動し、ファンになって全巻を買ってしまうというエピソードもあります。

イエスはノリが良く、よく笑う人です。嬉しいことがあると、小さな奇跡をたくさん起こします。体が丈夫な方ではありませんが、近づくだけで病人が治ったり、石をパンに、水をぶどう酒に変えたりできるのです。最新型のパソコンに敏感で、インターネットを楽しみ、ブログまで書いています。アメリカの人気俳優、ジョニー・デップに似ていると言われたことがあり、彼を意識しています。

また、ブッダやイエスだけでなく、各宗教の逸話や登場人物が実在のものとして次々に登場します。例えば、二人に何かあるたびに、それぞれの弟子たちが天界から飛んで来て、二人を守り、気遣うというような展開です。どの話も読者に宗教の知識がなくてもわかるような内容で、思わずくすりと笑ってしまうよう楽しくアレンジされています。

本来ならば絶対的な崇拝と尊敬の対象であるはずの偉人たちが、庶民的な生活を送りながら、私たちと同じように泣き笑いする姿が共感を呼んでいるようです。また、現代のまんがは、刺激的でスピード感あふれる作品が多く見られますが、この作品には、過激な描写や冷酷な悪人、犯罪者などは出てきません。ブッダとイエスのオーラが、多くのファンにとって最高の魅力となっているのです。

2011年1~2月には大英博物館にこの作品が展示され、大きな反響を呼びました。日本の文化を紹介する「アジア地区展示コーナー」において、青銅器、浮世絵、はにわなどと共に、解説付きで展示されたのです。大英博物館の担当者は「宗教を扱っていながら、ウィットに富み、陽気に寛容さを奨励する内容に感心しました」と話したといわれています。

文:小宮山蘭子


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR