Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

二人の高校生と家族が仮想世界で悪と戦う

[2010年8月号掲載記事]

サマーウォーズ(細田 守 監督)

サマーウォーズ DVD 発売中
© 2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

2009年夏に公開され、ロングランヒットとなったアニメ映画。2010日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞など、多くの映画賞を受賞した。監督の細田守が2006年に映画化した『時をかける少女』は国内外で高く評価された。今回の作品も当時の脚本家やアニメーターなど、主なスタッフが再び製作を手がけた。

主人公は東京都内の高校に通う小磯健二と篠原夏希。夏休みのある日、健二は夏希からアルバイトの話をもちかけられる。憧れの夏希からの頼みだったため、健二は夏希の母親の実家に同行するだけと聞いて、引き受ける。しかし実際には、元気のない曽祖母、栄を元気づけるために夏希の婚約者になりきって数日を過ごす、というものだった。

長野県の山あいにある夏希の曽祖母の家は、戦国時代の武士を祖先にもつ陣内家。敷地も屋敷も広く、間もなく90歳になる、栄が取り仕切っている。日本各地から次々と親戚が集まり、健二は「夏希の彼氏」として受け入れられる。その晩、健二の携帯電話に数字だらけの謎のメールが送られてくる。数学の得意な健二は、数学の問題として考え、解いてしまう。

翌朝、健二が起きると、仮想都市「OZ」が大混乱におちいったとニュースが伝えていた。OZは、買い物や公共料金の支払いなど、現実世界と同じように機能しているインターネット上の仮想世界。世界中の利用者が個人の分身、アバターをもっている。健二が解いたのはOZをコントロールするシステムへ侵入するためのパスワードだったのだ。

全世界でパスワードを解いた者は数十人おり、健二は計算違いで解けていなかったことがわかる。しかし、すでに「ラブマシーン」と名付けられた人工知能がOZに侵入し、利用者たちのIDを奪ってあらゆる情報や権限を握っていた。それが現実世界の交通渋滞を引き起こし、宇宙から地球に戻る途中の惑星探査機の進路まで狂わせていた。そんな折、栄が息を引き取る。

ラブマシーンの開発者が陣内家の曽祖父の隠し子、侘助であり、アメリカ国防総省が試験的にOZに送り込んだということが、本人から明かされる。人間にはコントロールできず、陣内家の男たちと健二らは協力し合い、ラブマシーンに戦いを挑む。苦しい戦いの末、夏希が栄に教わった花札(日本のカードゲーム)を武器に自分のアバターで勝負し、ラブマシーンをほろぼす。


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR