Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

メール翻訳コンシェルをご存じですか?

[2012年11月号掲載記事]

201211-6

「きょうは晴れています」「きょうは雨ではありません」。どちらも雨が降っていないことを表す文ですが「晴れ」を使うか「雨」を使うかで、ニュアンスが変わります。特に外国の人に自分の気持ちを伝えるときには、適切な表現を用いることが大切です。こんなときに役立つのが、NTTdocomoの「メール翻訳コンシェル」というアプリを使ったサービスです。

「メール翻訳コンシェル」は画面に入力したテキストを外国語に翻訳する仕組みで、NTTdocomoのスマートフォン利用者のために開発されました。使い方はとても簡単です。アプリを立ち上げ、例えば「あなたの好きな食べ物は何ですか?」などと自由に文章を入力すれば、あっという間に指定した外国語に翻訳されます。

画面には、例えば英語で入力した文は、日本語文に翻訳され、さらに、翻訳された日本語に近いニュアンスでもう一度英語に再翻訳されます。入力した文が相手にどのように伝わったかがわかります。これら3つの文が表示され、比較できるのが特徴です。外国語から日本語、日本語から外国語のどちらでも翻訳できるので、日本語を学んでいる外国人には便利です。日本語に翻訳できるのは英語、中国語、韓国語の3種類です。

日本語を学んでいる外国人が使えば、日本語の言い回しを覚えるのに役立ちます。表示された3つの文章のうち原文と翻訳文は、メールのほかTwitterなどのSNSに送ることができ、また、メモ帳などに移して保存することもできます。また、道を尋ねるときに翻訳文を見せれば、親切な日本人が行き先までの道順を教えてくれるかもしれません。

日本語の場合には、タッチキーによるテキスト入力だけでなく、音声でも入力できます。テキストを入力したときと同じように、翻訳された文章が表示されます。話した言葉がそのまま翻訳されるので、より気軽に使えます。アプリは無料ですが、ダウンロードや利用にはパケット通信料がかかりますので、定額プランへの加入がおすすめです。

アプリに頼りすぎずに自分の頭で考えることは必要です。しかしそれでもわからない日本語を調べるときや日本語の言い回しを覚えるとき、日本人とメールのやりとりをするとき、SNSへ日本語で投稿するときなど、様々なシーンで利用できます。また、再翻訳機能によって誤解を恐れずにコミュニケーションをとることができます。勉強のために使うのもいいでしょうし、日本人とコミュニケーションをとるために使うのもいいでしょう。

NTTdocomo メール翻訳コンシェル
ダウンロードサイト

文:伊藤公一


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR