Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

学校給食を提供する居酒屋が人気

[2012年6月号掲載記事]

201206-2

日本の小学校や中学校では1954年頃から「給食」が食べられています。普段同じ教室で勉強している仲間達と食べる給食には、人それぞれ思い出があります。今、多くの日本人が食べてきた給食を再現する飲食店、「給食居酒屋」が人気です。店内を教室のように見立てたり、メニューを学校にまつわるネーミングにしたりと様々な工夫がされています。

学校給食をコンセプトにした居酒屋に訪れるお客で、一番多い年代は40~50代の人ですが、最近では20代の若い人も増えています。多くのお客に人気がある理由は、大人になり、社会に出ても学生時代を思い出しながら、友人や同僚と思い出話に花を咲かせられる雰囲気が自然に演出されているからです。

東京都渋谷区にある「個室居酒屋 6年4組」の内装は日本の学校そのままです。店内には、黒板やランドセルや「書き初め」と呼ばれる習字が飾ってあります。「学生時代の友人と来店するたび、昔のなつかしい話で盛り上がります。とても楽しませてもらっています」と常連客の桜屋敷直道さんは言います。

「学校給食をおいしく食べてもらいたいです。しかし当店の本来の目的は、お客様に学校時代を思い出しながら心から楽しんでいただきたいということです。来店されたお客様に毎日、日替わりで小テストに挑戦してもらったり、コップの代わりに理科の実験で使うメスシリンダーでお酒を提供したりと、常にお客様を楽しませる目線で営業しています」とマネージャーの桧谷耐さんは話します。

また、東京都台東区の「給食当番」では別室が一部屋、学校教室になっていて、パーティーなど大勢の仲間で学校の雰囲気を楽しむこともできます。お店では、ランチタイムも営業しているので気軽に味わうことができます。あげぱんやソフト麺など、日本人であれば多くの人がなつかしいと感じるメニューがたくさんあります。

「お店には、年齢問わず幅広い層のお客様が来店します。家族でいらっしゃる方もいて、親が子どもに当時の給食を教えてあげていたり、逆に子どもが親に今の給食について話したりしています。嬉しいのは、お客様から『ごちそうさま』の他に『なつかしい』と言われるときです。それは、料理だけでなく、ここで過ごした時間を楽しんでいただけたと実感できるからです」と店長の久保田昌也さんは話します。

また、年配のお客は「お店で出されている給食はとてもおいしいです。でも、私たちが小学生の頃の給食はここまでおいしくはなかったです。時代は変わりましたね」と言います。日本人にとって給食は、年代を問わずそれぞれのなつかしい記憶を思い出させてくれます。

個室居酒屋 6年4組
給食当番

文:中込公一
写真:桜屋敷和直


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR