Language:
Hiragana Times | Facebook Hiragana Times | Twitter RSS

これはHiragana Timesに掲載した過去の記事ですが、実際のマガジンではパラグラフごとに英語と日本語が交互に掲載され、漢字にはふりがながついています。 マガジンサンプル 定期購読案内へ

くつろぎの機械 ― 人の疲れを癒すために

[2011年2月号掲載記事]

写真左:AS-840/写真右:RBHM-C415K1U

 

日本人は働きすぎだとよく言われます。確かに、夜遅くまで残業する人や休日も出勤する人はめずらしくありません。そのため、疲れを癒す機械も発達しています。

株式会社フジ医療器は、1954年に世界で初めてマッサージチェアを作ったメーカーです。マッサージチェアの内部にはもみ玉やエアーバッグなどが入っており、これらが動いて人の体をもんだり叩いたりするのです。同社は何種類ものマッサージチェアを販売していますが、今最も高機能なのは「サイバーリラックス AS-840」です。

AS-840は、人の手によるマッサージと同じ動きをめざして開発されました。796種類のマッサージがプログラムされていて、「全身をもんでほしい場合」「腰をほぐしてほしい場合」などの要望に、細かく対応しています。背もたれ部分には2つのもみ玉が入っていて、4つのモーターにより、強弱、上下、叩く、もむの動作をコントロールします。42個入っているエアーバッグはふくらんだり縮んだりすることで、人の体を伸ばしたりひねったりします。マッサージを始める前には、座った人の体格に合ったマッサージができるよう、肩から腰までのラインをセンサーで計測することができます。

「チェアを試作するたびに、自分の体で効果を確かめます。試作品に一日中もまれている日が続くこともあります。この時期は、夜寝ようとしてもマッサージの感触がよみがえり、眠れなくてつらい思いをします」と、商品開発ユニット担当部長の藤代光明さんは言います。「休日も家電のお店へ行ってマッサージチェアコーナーをチェックしています。わが社のチェアをいいねとおっしゃる方がいると、嬉しくてたまりませんね」。

リンナイ株式会社はマッサージ機能がついた浴室暖房乾燥機(浴室を暖めたり乾燥させたりする製品)を、東邦ガス株式会社と共同開発しました。RBHM-C415K1Uは、お風呂場の天井に取り付けます。そして天井からお湯を落とし、お風呂に入っている人の体に当てて、マッサージをします。

「ただ体を洗ったり温めたりするだけでなく、リラックスして疲れを取るお風呂を開発できないか。そう思ってこの製品を作りました」と、営業企画部の佐藤伸二郎さんは言います。「温泉や銭湯には、『うたせ湯』といってこのような落ちてくるお湯のマッサージがあります。それを自宅でもできるようにしたいと考えました」。

開発担当者が実際に温泉へ行って、お湯が落ちる様子を高速写真で撮影したり、お湯の量や速度を測ったりして調べました。すると体にちょうど当たるとき、お湯が丸いしずくになっていることがわかりました。これを家庭のお風呂で再現できるように、ノズルの形やお湯の量などの実験をくりかえしました。

「温泉でしきりに測ったり撮影したりしていたので、地元の人に怪しまれて注意されてしまったことがあります」と佐藤さんは笑います。「でもお客様に、本当に気持ちがいいと言っていただいたとき、苦労したかいがあったと思いました」。

株式会社フジ医療器
リンナイ株式会社

文:砂崎 良


Special Link

  • 東京ビジネスホテル | 新宿へチェックイン。明日へのゆとりを感じるロケーション。
  • Homestay in JAPAN!!
  • Internship in Japan
  • 英会話の先生探すサイト。個人家庭教師・外国人と英語プライベートレッスンは先生ナビドットコム。


PR