Pocket

[2015年5月号掲載記事]
201505-4
富山県南砺市にある2つの集落で、合掌造りと呼ばれるかやぶき屋根が特徴。今年世界文化遺産登録20周年を迎える。100~200年前のものが多いが、約400年前に建てられたものもある。住民が今も生活しており、民宿ではいろりのそばで山菜やイワナが食べられる。和紙の産地としても知られ、和紙すき体験ではうちわやはがきを作ることができる。毎年5月中頃には相倉集落はライトアップされ、幻想的な日本の原風景が楽しめる。
交通:JR新高岡駅から世界遺産バスで「相倉口」下車、相倉集落まで徒歩約5分。または「菅沼」下車、菅沼集落まで徒歩約3分。
500 yen for standard or light vehicles, 100 yen for two-wheeled vehicles.
五箇山総合案内所
営業時間:午前9時~午後5時
相倉、菅沼集落の駐車場を利用するには、集落保存協力金として駐車代が必要。普通車、軽自動車500円、二輪車100円。
http://www.gokayama-info.jp/
文:瓦谷登貴子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です