Pocket

[2013年12月号掲載記事]
201312-3-1
加治田刀剣
生の魚をさばいて刺身にする包丁や、美しい髪形を生み出すはさみ、肌をなめらかにするかみそりなど、刃物は私たちの生活のさまざまな場面で役立っています。現在、日本で使われている刃物のほとんどは日本製です。切れ味が良く、細かな作業もできる日本製の刃物は世界からも注目されています。日本の刃物はなぜ切れ味が優れているのでしょうか。
日本のほぼ中央部にある岐阜県関市は刃物の産地として知られています。関市の刃物は国内ばかりでなく、欧米をはじめとする世界各地にも輸出され、ドイツ・ゾーリンゲンと並び称される世界有数のブランドに成長しました。関市の刃物は全国第一位の理髪用刃物をはじめ、包丁、ナイフ類、はさみなどで大きなシェアを誇っています。
関市が日本を代表する刃物産地となったのは、今から700年以上も前の鎌倉時代に芽生えた刀作りの技術と伝統を引き継いでいるからです。関市内にある加治田刀剣代表の吉田研さんは「地理的に上質の材料を集めやすかったことと、できた刀を全国に販売する仕組みを整えていたことが関市の刃物技術を高めたのではないでしょうか」と話します。

201312-3-2
太刀 全長 73cm 刃文 反り 2.1cm 銘 御護濃州住正明作之

吉田さんは「他の地域の刀鍛冶が有力武将から守られていたのに対し、関の業者は生産から販売までをすべて自分たちで行っていたので、権力者に頼ることなく次第に力を付けていきました。その評判を聞きつけて各地から優れた職人たちが集まってきたことも関を世界的な刃物の一大産地にした大きな要因でしょう」と話します。
よく切れる包丁は「刀のような切れ味」と呼ばれることがあります。日本製刃物の切れ味が優れているのは、刀作りで蓄えられた技術が他の種類の刃物にも生かされているためです。例えば、はさみは2枚の刃でできていますが、この中で特に大切なのが、刃を付ける工程と組み立てる工程です。切れ味のよい刃を付けるには加熱した材料を一気に冷やす「焼き入れ」が欠かせません。
刀作りは簡単に言うと、原料の砂鉄を炭に反応させて作った「玉鋼」を繰り返し鍛え、刀の形に仕上げていく仕事です。数多くの工程の中心は刀鍛冶です。刀鍛冶は、約1,300度に熱した玉鋼を何度も打ったり、延ばしたりして、少しずつ形を整えていきます。その頂点は「鍛錬」という工程です。鍛錬は程よく柔らかくなった玉鋼を打って不純物を弾き飛ばしながら、鋼の組織を整える仕事です。刀匠(資格を持つ刀作り職人)の小槌と弟子の大鎚が交互に振り下ろされると火花が激しく飛び散ります。
このように刀鍛冶の仕事はすべて手作業です。機械で自動化できないので経験や勘、五感などが問われます。特に、火加減を考えて玉鋼を最適な状態を保つことは刀の良し悪しに響きます。ちなみに、英語のことわざにもある「鉄は熱いうちに打て」は、鍛錬の様子を表したもので、刀作りと深い関係にあることがわかります。
加治田刀剣
文:伊藤公一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です